上野の奇妙な天気

私は窒息する...

水圧から逃れることのできない朝...
(゜゜)と
3月だ
上野は昨日寒い天気で奇妙な時間に働いたので私は眠りを感じた
これは午前中まで

上野は自由で、たくさん考えている


とにかく、私は休暇が遅かれ早かれ、後でしたいです。
私はあなたが彼から電話を無視するようにした(散った汗)

しかし、一度だけ...
この3日間で、1回の通話(下向き矢印)
電子メールは来ない

上野は私の心が必要ないと思った。冷たい汗
彼の望みを満たすためのツールかもしれない(長い注2)
私はあなたに今日電話したいと思う
突然私は悲惨な悪い(下向き矢印)

上野で美味しいピザを作って出会いたい

 

コメント