あなたと労働をした島根の出会い

朝顔と水
(加賀千代)
朝顔の日付
(石田波吾)
こけしを朝顔に狭めます島根の出会い
(山口A)
あなたにできることは朝顔だけです
(橋本貴子)
朝顔ともつれ
(鈴木花奈)
「ユンカ」島根の出会い

砂忌避穴のアリ地獄
山アリを旅する旅行者の足
雨の中の寺院と蟻の乙女島根の出会い
労働と女王アリの産卵
さまようアリ、心臓の周りの血
あなたを待っているカエルとアリの沈黙
沈まないで泳ぐアリ
巣に戻る蟻を導く
アリは招待された人だけに甘くかみます
ユンカが歌う月夜のみゆきよ

 

島根出会い


ユムカはトカゲの卵で、幼虫はアリです。ユンカ、アリ地獄、。
pupになるとすぐに卵を産んで死ぬので、pupはいたとえとして使われています。
アリも夏の季節の言葉です。島根の出会い

アリ地獄松の風を聞くだけ
(高野純)

小さなオオカミの幼虫は、地面の空洞を覆う風の音を聞いています。島根の出会い
小さなまだ幼虫と大きな風の流れの組み合わせ、その間のアリと人間はなくなっています。
松風よりも明るいものと組み合わせると、恋に落ちるのを待つ俳句のように感じるでしょう。

今回、私はアリの俳句を書き、働くアリはすべてメスであることがわかりました。びっくり。

アリの俳句は、人に噛まれたり、運ばれたり、群がったり、急いだり、押しつぶされたりすることがよくあります。
雨、砂糖、クラッシュ、畳、墓、記念碑がたくさんあります。
少し工夫が必要な季節の言葉。島根の出会い

"習慣"

コメント