私は上野を静かに見つめる

上野が空を彩る
明日の朝、また太陽が昇る
私がここにいる限り
私はそこにいます

激しい川の流れを静かに見つめる

上野の向こうにあるもの
誰も知らない
理解できないことを心配するよりはむしろ
今度こそ生きたい

春は上野動物園をウォーキングして出会いたい

谷を越えて川を渡る

長い旅の様々な場所で
無数の人々に会う
誰もが自分の人生と戦っています

あなたは荒野で一人で立っています
行く方法はたくさんあります
しかし上野する場所は
きっとひとつだけ

どちらの道を歩く
あなたは自分の人生を受け入れて楽しむことしかできません

最後に笑わせて
アプリのインタラクションも限られていたので、彼女はメッセージングアプリに移動して対話しました。

「私のお気に入りのものを見せてほしい」

それは不可能だろうと思っている間、私は少しいたずらな感じでそうメッセージを送ろうとしました

コメント