私とやるべきだったと思う上野

私上野父と話しました、私は出かけました、
私たちひとりひとりは、私たちの心にしっかり根ざしていて、

私はそれをやるべきだったと思う、
私は上野をやり遂げたかった

後悔は奇妙ではない

起床時から葬式に至るまで
上野にパルコヤがオープン

それは霧雨のように雨を保った。
"これは、この世界の頼りない人々の悲しみの中で雨が降るだろう"

私はこの言葉を信じています。

私の死の母から隠された
私をとても愛してくれた父

加山雄三のカラオケが良かった父

真剣に
"お父さんの[上野]の仲間になれ"

私が4歳の時、私は心に誓った

それは矛盾で生きる私の方法です、私は胸を貼ることができません

父さんありがとう。
寒いです、イベントはありません(笑)!

セキヤマは12月末にクリスマス気分を加速させるたくさんの気分を作ります!

コメント