私を待っている上野

8時頃に目を覚ます上野は雨が降っていた。ランチ...トースト。夕食...塩漬けサーモン、グリルチキン、サラダ、冷蔵。ベッドで約3時。
私は昨日カフェテリアで私を待っているかのように相談しました。
私の上野が明日に生きるなら、私はそれを感謝します。

 

上野で季節の和菓子を食べよう

今日は仏の弟子の話として報告されています
私は "貧しい人々を買う人々"を紹介します。


「誰も祖母が毎日ほとんど暮らしておらず、村長の元老院長のもとで働いていた。

私は何も気づかなかった、私は孫のような女の子に多くの注意を払った。

それを叫ぶかのように、キッチンの隅に住む以外に選択肢はありません。

近くの川に上野を汲みに行くと、私は臆病に泣いていました。

そこに、ある日、僧侶が通り過ぎた。

コメント