上野では私は気分がいい

マミ自身がローターを手に取って上野を手に入れて肛門に挿入した

さらに、マミは電線を手に取った

私はそれをやっている間、上野は風を引き出し、手作りで休憩する

あなたが少しでもしたら瞬間

「私は気分がいい、死にそうだ、プルーンの小人と一緒に行くように私に祈ってください」

しかし、彼は手のひらで休んでいたが、彼のウインクは泣いていた(泣いている)

上島珈琲店 黒田記念館店(上野)

マミに教えて、手作りの兼に導く

ちょっと休んだ後

伊良摩が合流してイリジマと上野の中で喉の中に撃つ

少し休みます。

ツールのクリーンアップ中

もし私が「このようにこのように使うなら、

私が集めたい顔で私を見上げる

「今日はもう時間がなかったので、私はあなたに従います」

それでおしまい

コメント